手汗を治す方法

人に触れるときに気になったり、紙が汗でふやけてしまったりします。手汗をかかない人にとっては全く悩みとならないことも、悩みになってしまいます。そんな手汗を治す方法には、手術やボトックス注射などがあります。
MENU

手汗を治す方法について

 

 

 

手汗はとてもやっかいなものです。人に触れるときに気になったり、紙が汗でふやけてしまったりします。手汗をかかない人にとっては全く悩みとならないことも、悩みになってしまいます。

 

そんな手汗を治す方法には、手術やボトックス注射などがあります。しかし、デメリットとして、手術は副作用として他の部位から大量に汗が出たり、ボトックスは一時的なものです。

 

 

今回は気軽に試せるつぼ押しや、薬を塗って汗を止める方法を紹介します。

 

まずつぼ押しは、掌の中央にある「労宮(ろうきゅう)」と呼ばれるつぼが手汗に効果的です。効果が脳に直結するつぼです。リラックスしながら、集中して刺激してみましょう。

 

そして、薬は塩化アルミニウムが含まれているものが手汗に効果的です。値段も数千円で手に入るものが多いので、試しやすいでしょう。就寝前に、手を清潔にした状態で、掌に液体状の薬を塗布し、乾かします。これを何回か繰り返します。そして、そのまま寝て朝洗い流します。

 

これを数日続けると効果が現れるでしょう。効果が現れてからは、塗布を中止します。効果は人によって様々ですが、数日から数週間持続させることが出来ます。

 

 

このように手汗を治す方法はたくさんあるので、自分のライフスタイルにあった治療法を選択することが出来ます。また、手汗は精神的なものでもあるので、気にし過ぎないことも大切です。これらを試すことで、手汗によるストレスのない生活を送れるでしょう。

 

 

 

 

このページの先頭へ